Lydian

About us

Lydianという店について語ることは、そのままジャズライブの現状と、それを変えて行ける可能性があるのかということにつながるものだと考えます。About Usにしてはとんでもなく長いですが、少しでも多くのお客様にライブを楽しんで帰っていただきたいか、そのためにどういうブッキングをしてどういう環境を提供したいかについて書きました。

ジャズライブの現状

ご存知の方も多いと思いますし、残念なことに「当たり前の風景」になっている面もあるのですが、ジャズのライブに足を運んで頂けるお客様はとても少ないのが現状です。毎日、高い音楽性、技術を持ったプロのジャズミュージシャンが多くの店で演奏していますが、えっと驚くほどリスナーが少ないことが珍しくありません。

これまで私が聴いたライブの中で最高の演奏はピアニストKMさんのソロ演奏でした。デューク・エリントンの組曲やスタンダードを弾く音のすべてが美しく、歌っていて、ベースもドラムもいないにもかかわらず最高にスイングしていました。ピアノが発するすべての音を感じ取ることができて(こういうことは滅多にありません)、至福の体験でした。しかし、リスナーは8人でした。

ソロは人を呼びにくいと言われていること、会場が都心から遠かったことなど色々な要因はあると思いますが、KMさんの演奏は高度な技術に裏打ちされていて、アドリブはメロディアスな部分と尖った部分の両方を持ち、強力なビート感があってスイングする、まさに私にとっては「聴き惚れる」ジャズでした。その素晴らしい演奏を聴く体験を8人しか経験できなかったというのはあまりにもったいない!

jazz-img

海外のビッグネーム、テレビに出演するような一部の有名なミュージシャン、大きなジャズイベントなどでは、多くの人が聴きに行きますが、これらは例外的であって、ライブハウス、ライブバー、クラブなどでの生演奏では20人のお客様がいらっしゃれば、多い方だという印象です。

一体なぜでしょうか?確かにジャズは抽象度の高い音楽ですから、聴く耳を選ぶ傾向があるのは事実ですが、日常CDや動画でジャズを聴いている人は多いですし、ジャズという音楽に対するカッコよさのイメージは今でも色あせていないと思います。にもかかわらずジャズライブに行こうという人が少ないのは、行くためのコストと時間に見合った満足感が得られない可能性が高いからです。私に言わせれば、これはライブを提供する店側にも責任があるように思えますし、ミュージシャンサイドでも、もっとできることがあるように感じます。

例えば、ジャズライブの場合、リスナーが聴きたい曲が必ずしも演奏されないことが多いのはなぜでしょうか?なぜ、演奏する曲が前もって分からず、曲の紹介すらない場合があるのはなぜでしょうか?なぜ開演時間が8時などと遅く、さらに開演時間より何分も過ぎないと演奏が始まらないことが多いのでしょうか?そもそも、没頭してジャズを聴きたいリスナーにとって、ナイフとフォークで食べるレストラン形式は向いているでしょうか?フードがマストだったり、何度も注文を聞かれることはお客様にとって気にならないでしょうか?

私から見ると、お客様がジャズライブ聴きに来られて満足して帰っていただく上でマイナスとなる要素が、現状では色々あるにもかかわらず放置されているように思えるのです。以下、そうした要素について考えると同時に、私からの提案を書いてみます。

Lydianの提案するジャズライブ

1 ライブでの演奏曲目

ジャズライブで演奏される曲は大きく分けると、スタンダードと演奏者が作曲したオリジナルのどちらかということになるでしょう。どちらがが楽しめるかについて簡単な答えはなく、リスナーの好みということになるのですが、オリジナル中心でもスタンダード中心の選曲でも、その曲がリスナーの耳にはまる魅力を持っていれば、テーマを聴くだけでも楽しめますし、アドリブ部分でも大いに楽しめる可能性があります。逆に、曲が面白く聴こえないリスナーにとってはライブの満足度は落ちてしまいます。

オリジナル、スタンダードそれぞれに、魅力のポイントや聴き方はあると思いますが、それは別のコラムに譲るとして、ここでは曲目をある程度事前にお知らせすることができないかという視点で書いて見ます。

私がライブを聴きに行く時、今日はどんな曲を演奏してくれるだろうと考え、スタンダードをある程度演奏するミュージシャンの場合、自分の知っている曲が演奏されると楽しめます。オリジナル中心に演奏するミュージシャンの場合でも、以前のライブやCDで良い曲だと感じた曲が演奏されると、すぐに曲の世界に入って行けるということはあります。もちろん、初めて聴く曲でもすぐにその世界に入っていって楽しめることもありますが、一般的には曲のコード進行やメロディーに馴染みがある方が楽しめる確率は高いと言えるでしょう。

クラシックの場合だと、スケジュールがネットなどで掲載される時点で演奏曲目が(予定ではあっても)必ず書いてありますよね。リスナーにとって当然クラシック楽曲の好みはありますから、予定プログラムを見て、この曲が演奏されるなら聴きに行きたいというインセンティブに当然なります。

jazz-img

ジャズライブでは曲名が前もって告知されていることがないのは、「ジャズに名演奏あって名曲なし」という“名言”に代表されるように、「何を演奏するかよりどう演奏するかが大事」という考え方が根強くあるためだと思います。確かに、譜面通りに演奏するクラシックに比べて多くのジャズはコードという枠組みの中でどのように演奏するかが勝負ですから、スタンダードの名曲All the things you areを取り上げたからといって良いパフォーマンスになるとは限りません。その意味で、名曲を演奏することが良いライブの十分条件ではないのは確かです。

ただ、同じミュージシャンのライブが二つあったとして、一つはスタンダード中心または作曲に定評があるミュージシャンのオリジナルという選曲、もう一つは初めて聴く曲でしかもコード(またはモード)が一つだけ、あるいは初めて聴くリスナーの耳には複雑過ぎてわけがわからない印象の曲ばかりという状況を考えてみてください。いささか極端な設定ですが、ほとんどのリスナーは前者を選ぶでしょう。良い選曲と、それを事前に告知するということは、良いライブの十分条件ではなくても必要条件の一つだと私は考えます。

ですからLydianでは、ミュージシャンと事前に相談させていただいて、スタンダードでもオリジナルでも、何曲かを「演奏予定」として店のスケジュールに掲載させていただきたいと考えています。その日の気分で演奏したい曲というのもあるでしょうから、全部ではなくてもいいのです。2曲でも3曲でも「演奏予定」としてスケジュールに載せることで(もう少し多いことを期待しますが)、「その曲を演奏してくれるなら行こうかな」というお客様のインセンティブになると考えます。

もちろん、ミュージシャンと事前に相談して趣旨を理解していただけることが大前提となりますが、CDには曲名クレジットがあるのにライブでは事前に告知しないという理由はないと考えます。CDでもライブでも、買うか行くかを決めるのは、「自分にとってどれだけ心地よい音楽を楽しめるだろうか」という理由だけだと思うからです。

2 開演時間

ジャズライブの開演時間は19:30~20:00という場合が多く、平均すると19:45くらいでしょうか。ただ、最近は長時間勤務をなくす方向に明らかに動いていますし、開演時間が遅いとそれまで時間をつぶす必要のあるお客様も多いのではないかと思います。自分が会社勤めをしていた時にそうでしたから。18時とか18時半に会社を出られましたが、20時が演奏開始だとお茶でも飲んで時間をつぶすことになるのですが、そのためにカフェを探したり飲みたくないコーヒーを飲むのは正直面倒でした。

それに、開演時間が遅いと当然演奏終了が遅くなるので、帰宅も遅い時間になります。8時開演だとアンコールまで含めて終了するのが10時半を過ぎることもあり、帰宅に一時間かかると11時半ということになります。そこから食事したり風呂に入ったりすると就寝時間は1時になったりするので、翌日仕事があると、結構辛いものがあります。カフェで時間をつぶしている時、もっと早く始めてくれればなあとよく思ったものです。

しかも、ジャズライブは店のHPに書いている開演時間に始まらないことも多く、15分位過ぎてから始まることもしばしばあります。これではせっかく開演時間に合わせて行く意味がありませんよね。

Lydianは開演時間を19時にします。色々な方に相談しましたが、リスナーはほとんど全員その方がいいと言いました。広告代理店の長時間残業の件もあり、全国的にこれからさらに退社時間が早くなると思いますし、19時ジャストから演奏を開始します。18時に退社するお客様でもさほど時間をつぶさずに来店頂けると思います。

・18:00開店
・19:00開演
・1stステージ:19:00~20:00(60分間)
・インターバル;30分
・2ndステージ:20:30~21:30(60分間)
・Jazz Cafe/Bar(ライブのない日)  15:00~22:30

3 交流タイム

21:30あたりで演奏が終了した後どうするか?ここでお帰りになって明日に備えるもよし、もう少しお友達同士で杯を重ねていただくのも大歓迎ですが、Lydianではその後お客様とミュージシャンで交流いただきたいです。ジャズライブを聴きに来たお客様にとって、ミュージシャンは憧れの的です。できれば少しお話したいと思うお客様も多いと思います。通常は楽屋に入って出てこないか、ミュージシャン同士がテーブルに固まっていることが多いですが、これだとお客様は話しかけにくいですよね。一方ミュージシャン側はお客様の反応を聴きたいですし、褒められれば素直に嬉しいものです。両者が気軽にお話できる場にしたいというのが私の願いです

席のお近くでもよし、後方の丸デーブルでCDを販売していればそこでもよし、良い演奏だけでなく良いコミュニケーションも次のライブにつながると思っています。今までミュージシャンとお話したことがなくても、Lydianではミュージシャンに話しかけてみてはいかがでしょうか?「素晴らしい演奏でした」の一言だけでもよいと思いますよ。

4 お酒とフード

Lydianはワインと日本酒にこだわります。銘柄にこだわるだけではなく、グラスでも常においしく飲んで頂けるよう管理にもこだわります。ワンドリンクはマストでお願いしていますが、ライブの間飲むとしても後1杯でしょう。1杯か2杯だからこそ、おいしく飲んでいただきたいので、いつでも美味しいワイン、日本酒(氷温で提供します)を飲んで頂けるように努力したいです。

フードについてですが、シリアスなジャズにリスナーが没頭して楽しもうと思った時、ナイフとフォークを使った食事は必ずしも合わないのではないかと思っています。実際、ジャズライブを提供する多くの店がレストラン的な料理を提供していますが、真剣に聴かせるタイプのインストミュージシャンのライブの時は、ドリンクだけのお客様の方が多いように思います。

ただ、何もないとお腹が空くのも事実です。レストラン形式のお店のフードは決して安くないので、多くのリスナーは直前にファストフードでも食べるか、あるいは帰宅するまで我慢しています。これはちょっぴり寂しいので、Lydianでは小腹を満たせる軽食をご用意します。小さい皿に乗せてフォーク1本で(手づかみもありだと思います)食べられるキッシュ(洋酒用も冷酒用も)、おにぎらずどをショーケースに並べてありますので、ドリンク注文の際でもいつでも申し付け下さい。そして、演奏に集中して下さい。

jazz-img

5 「聴き惚れるジャズ」宣言

Lydianの提供したいのは、「聴き惚れるジャズ」です。音の洪水の中で一つ一つの音の意味を感じることができないジャズでもなく、時代や文化などをスパイスとしてまとったジャズでもありません。アヴァンギャルドやごく一部のリスナーしか楽しめないマニアックな音楽ではないという言い方もできるでしょう。ましてやジャズ入門書で「極めるべきジャズ道」とされているような音楽でもありません。

メインストリーム(主流)とかストレート・アヘッドというくくりがありますが、これですと少し狭すぎるように思います。オリジナル中心にファンを持っているミュージシャンもヴォーカリストも含めると、「聴き惚れる」という言葉が自分にとって一番望ましい表現のように思います。

別の言葉を使えば、美しい音楽として成り立っているジャズとも言えるでしょう。音楽を聴く快感というのは、クラシックであろうとポップスであろうとジャズであろうと基本的には同じ作用だと思います。スタイルとしてのジャズにこだわりジャズしか聴かないというリスナーも多いですが、私は音楽として完成し美しい演奏ならクラシックもPOPSも好きです。ジャズである前にまず音楽として美しくなければ聴き惚れることができません。

ではなぜジャズを中心に聴きたいのかと言えば、自分の好きな音楽的要素を一番多く持っているからです。例えば、スタンダード曲のテーマのアレンジに唸る、強力なスイング感に思わず体が揺れる、テンションを巧みに使った美しいコードの響きに引き込まれる、・・・こういった楽しみ方ができるのはジャズならではですよね。ヴォーカルにしても、小粋なものから渋いもの、ワイルドなものまで、実に幅広い魅力を堪能できます。

それとやはりジャズとして成り立つための生命線であり、醍醐味でもあるアドリブ。これがあるからジャズを聴くとも言えるし、魅力的なアドリブでなければそのジャズの魅力は半減してしまうと言えるでしょう。

では、どんなアドリブが良いアドリブなのでしょうか?これは極めて個人差が大きく、他のリスナーが大きな拍手を送ったアドリブが私は面白く感じなかったり、その逆だったこともありました。ジャズを含め聴いてきた音楽の履歴や楽器を弾くかどうかによっても違うでしょう。人それぞれが選べばいいんだよというと身も蓋もないので、もう少し考えてみたいと思います。

まず、フィジカルなテクニック(指が動くと表現します)的に優れていれば聴き惚れるような良いアドリブを演奏できるかというと全く違います。テクニックは、良いアドリブを演奏する上で重要な手段の一つですが、これが目的化してしまって、指が動くことをひけらかしているかのような印象を受けると私は面白く感じません。特定のスケールやアルペジオ(分散和音)などを決まった形で続けるようなメカニカルな音列が多い場合もつまらなく感じます。

ここにはもちろん好みもあります。私が1ストステージだけで帰って来てしまった演奏でも、他のお客様は受けていたという場合もありますから。音楽として美しいかどうかよりも、テクニックに重きを置くというリスナーも少なからずいらっしゃると感じます。私もそういう時期がありましたし、それを批判しているわけではもちろんありません。

ただ、今から考えるとコード感に対してどういうフレーズがメロディアスに聴こえるかという耳ができていなかったために、カッコよさの基準を音の多さに求めていたのかもしれません。今思えば音楽的価値を理解していなかったとしか思えないような批評に踊らされていた面もあるかもしれません。私見ですが、テクニック一辺倒でない聴き方を身に着けた方が、ジャズという音楽を長く深く楽しむことができるとは思います。

では、私が「聴き惚れる」アドリブとはどんなものか、書いて見ました。

①フレーズがきれいなメロディになっている
②ミュージシャンの個性がしっかり出ている
③曲調にぴったり合っている
④コードワークでの音使いがかっこいい(コード楽器の場合)
私なりに表現するとこんなところでしょうか。

最も重要なのは①のメロディアスなアドリブだと思います。よくジャズでは「歌っている」と表現しますね。ジャズではコード(和音)に合った音を組み合わせてアドリブを組み立てるわけですが、そういう音を並べさえすれば歌うアドリブになるわけではありません。コードにはそれぞれ「肝」とでも言うべき音が幾つかあり、1小節に4拍ある4ビートで言えば、どの拍のどの位置で、「肝」を使いながら音を選んでいくかによって、そのリスナーにとっての美しいメロディと感じられるかどうかが決まります。これは、アドリブソロでよく使われる8分音符の場合でも、ベースのウォーキングの場合でも同じです。私の場合は、メロディアスなアドリブフレーズが演奏された瞬間に「ああ、いいメロディだな」「もう1回聴きたいな」と感じます。

単音のアドリブ以外に、ピアノやギターなどのコード楽器によるコードの響きの美しさもあります。ピアノやギターがコードでアドリブを弾く時、人間の耳は一番高い音(トップノート)をメロディと感じるわけですが、その下にどんな音が含まれているかによって、印象は全く違って来ます。これも好みですが、その構成音がリスナーの好みにハマった時に「カッコイイ」と感じるわけです。ジャズの醍醐味の一つですね。

どんなアドリブが歌っていて、どんなコードワークが美しいと感じるか、それは聴き手によって違いますが、それでもより多くの聴き手が聴き惚れることのできるストライクゾーンはあると私は感じています。どのミュージシャンに出演いただくか(ブッキング)は、結局は私の好みということにはなりますが、極端な独断と偏見に陥らないように自戒しながら、ストライクゾーンを外さないように組んで行きたいです。いつ行っても「聴き惚れるジャズ」のライブを聴ける、Lydianはそんな場所でありたいです。

※歌うアドリブについては、別のコラムでもっと詳しく書いてみたいと思っています。

6 情報発信

もう一つ、Lydianが目指しているのは、お客様がジャズの演奏を楽しんでいただけるようになるための情報発信です。ジャズはロックやポップスに比べると抽象度が高い音楽ですから、ジャズ特有の響きに耳が慣れ、楽しむべきポイントが分かってくると、より楽しめるという側面があります。これは、ジャズを聴き始めた人にとってはもちろんですが、ある程度聴いて来た人にとっても適切なガイドラインがあれば「そんな聴き方、聴きどころがあったのか」と再認識いただける可能性があると思います。

これまでも、ジャズを聴くための入門書はたくさん書かれてはいるのですが、「ジャズの聴き方はこうであるべき、これしかない」という筆者の好みを押し付けている本が多いという印象を持っています。例えば、「ジャズミュージシャンの演奏、アドリブを聴き分けられるようになるべき」、「いや、ジャズはアドリブなんかよりテーマのメロディーこそが魅力なのだ」、「ジャズはマイルス・デイビスのこのレコードから聴くべき」・・・

私はそれぞれジャズの一つの聴き方だと思っていますが、著者が主張する聴き方以外を否定するような論調はどうかと思います。結局のところ、こうした本はプロフィールや言動など音楽と直接関係ない部分まで含めたミュージシャンの個性に焦点を当て、それを著者なりの言葉でどう素晴らしいか表現するという傾向があると思います。それにもちろん意味はありますが、その個性の違いを情報として知っている。個性の違いを聴き分けられるのがエライと言わんばかりの主張が、ジャズという音楽の「敷居の高さ」を作ってきたようにも思えます。

冒頭書いたように、危機的とも言えるジャズライブの状況を変え、聴きに来ていただくには、今までとは違う情報を店からもどんどん発信していくことが必要だと思っています。一つはこのホームページ内でのコラムで、「アドリブ」の項で書いた内容の続きや、楽曲の解説など、ジャズをより楽しんで聴けるような情報を発信して行きます。

もう一つは、リスナーの耳を育てるためのセミナーやワークショップなどのイベントです。楽曲やアドリブの音そのものにフォーカスし、解説+プロミュージシャンによる実演によって、ジャズという音楽が「カッコ良く」、あるいは「気持ちよく」聴こえる秘密を解き明かし、それまでは聴こえなかった音が聴こえるようになり、より楽しめるようになっていただくのが目的です。

一例を挙げれば、あるコード進行に対して違う音列を使ってアドリブするとどう聴こえるか、テンポやリズムが変わるとどう印象が変わるかを実演によって感じていただきます。また、スタンダードの名曲の魅力がどこにあるのか、気持ちよいと感じられる転調はどこから生まれるのかなどもお伝えしたいです。多少、楽理的な要素もありますが、演奏するためではなく、あくまで聴いて楽しむための方法を知っていただくということです。

私はNHKの「らららクラシック」という番組を毎週見ているのですが、その中でも名曲の秘密をピアノで弾きながら解き明かし、「仮にこういうメロディーやリズムでなかったらこの曲の魅力が出ない」ということが視聴者に伝わるようなコーナーがあり感心させられます。「ららら~」以外に「題名のない音楽会などでも、トリビア的な情報コーナーなども含めて、ファンを育てるために色々な企画を考えていて感心させられることが多いです。「シンバルってどうやって練習するんですか?」というような質問からマニアックな質問までちゃんと答えるコーナーがあったりします。

こういう面では、ジャズはとても遅れて言わざるを得ません。ジャズは抽象度の高い音楽ですから、本来ならばジャズを好きになるためのハードルを下げるための工夫が他のジャンル以上に必要なはずですが、それがなかったのですから、ジャズ人口が減っているとしてもある意味当然かもしれません。

高度な音楽性、技術を持ったプロミュージシャンが良い演奏をしているのにリスナーが少ないのは本当にもったいないです。聴き惚れる耳を育てていただくために、Lydianはホームページ上のコラムなどによる情報発信や、ワークショップ、セミナー(土日の昼の時間帯)などの形で少しでもお役に立てればと考えています。

Lydian店主 中川貴雄

ページトップへ