[管理]
2018年   1月   
sun mon tue wed thu fri sat
 1
お休み
 2
お休み
 3
お休み
 4
お休み
 5
お休み
 6
お休み
 7
お休み
 8
お休み
 9
牧原正洋トリオ
10
Jam Session 佐藤まさみ(p)+よしみせいいち(b)
11
18:00〜22:30 Jazz Bar
12
お休み
13
堀秀彰トリオ
14
昼:片倉真由子(p)ソロ
15
Jam Session(朝倉由里/内田克彦)
16
栗林すみれ(p)/吉本章紘(sax)デュオ
17
ハクエイ・キム(p)/三木俊雄(sax)デュオ
18
植松孝夫(ts)トリオ
19
石井彰(p),杉本智和(b)デュオ
20
堀北やこ(vo)
21
昼:大山日出男(as)トリオ
22
お休み
23
Vocalセッション 外谷東(p)ほか
24
Hiro川島(Tp&Vo)トリオ
25
しげのゆうこ(vo)
26
萩原隆カルテット
27
谷口英治トリオ「三人でベイシー!」
28
昼:纐纈歩美(as)トリオ
29
魚返明未(p)ソロ
30
岡崎好朗(tp)トリオ
31
神谷えり(vo)


  2018-1-9(tue)  牧原正洋トリオ
【member】
牧原正洋(tp),外谷東(pt),小澤基良(b)

【Show Time】
1st Stage:19:00〜20:00
2nd Stage:20:30〜21:30 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 1/9(火)は、牧原正洋さん(tp)がトリオで2回めの登場です。牧原さんはよく歌うアドリブとカッコよいステージングで人気のトランペッターです。

 牧原さんの演奏は聴きに来た人を喜ばせて満足して帰ってもらおうという、良い意味でのサービス精神に満ち溢れています。管楽器では珍しくリクエストを受けることも有ります。いわゆるドジャズじゃない曲も取り上げてくれますし、リスナーからすると楽しく聴けるストライクゾーンが広いということも言えると思います。

 選曲は、牧原さんがライブ演奏を聴いてトランペッターになろうと決めたというフレディ・ハバード作曲の1、同時代のやはり名トランペッターであるウディ・ショウ作曲の2、最近映画が公開された天才トランペッター、リー・モーガン作曲の3、ベニー・ゴルソンがクリフォード・ブラウンに捧げた4など、レジェンドに捧げる牧原さんのリスペクトが感じられるナンバーが多く入っています。いずれも本当に良い曲ですよね。

 バンドのハーモニーを支えているのがピアノの外谷東さんです。ハーモニーと乗り方にこだわりを持つ外谷さんのバッキングとバップフレーズ満載のソロも大きな聴きどころです。

演奏予定曲(一部)
・Sweet Love of Mine
・Up Jumped Spring
・Ceora
・I Remember Clifford
▲top
  2018-1-10(wed)  Jam Session 佐藤まさみ(p)+よしみせいいち(b)
【ホスト】
佐藤まさみ(p),よしみせいいち(b),ドラム歓迎

【スケジュール】
18:00開店
19:00スタート

【参加料】
\2,200(税込)+オーダー

 セッションホストで定評のある佐藤まさみさんがリードするセッション、10月に続いて2回目です。ヴォーカル、楽器どちらも大歓迎。ホール的な響きのLydianのステージでお楽しみください。ピアノ、管楽器、歌は特に良く響くので気持ち良いです。特にピアニストは、柔らかい音色でしかもよく鳴るヤマハC5を是非弾いてみてください。ドラマーは少し控えめに叩いて頂けると全体のバランスが良いようです。

ピアノ:ヤマハC5
ベースアンプ:Galien Kruger+AMPEG BA115
ギターアンプ:ローランドJC120
ドラムセット:ヤマハ BopKit
▲top
  2018-1-13(sat)  堀秀彰トリオ
【member】
堀秀彰(p)、高瀬裕(b)、長谷川ガク(ds)

【Show Time】
1st Stage:19:00〜20:00
2nd Stage:20:30〜21:30 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 1/13(土)は堀秀彰さんがトリオで登場です。堀さんはすでにリーダーCDを15枚リリース、ドリカムやDA PUMPなどジャズ以外のジャンルからも引っ張りだこで参加したCDは100枚を超えるという大変人気のあるトップピアニストの一人です。

 その演奏は知的で端正、自己のトリオでのオリジナルではコンテンポラリーな音使いが多い印象ですが、スタンダードではコードの枠内でのアドリブ(インサイド)から離れすぎないバランスが好ましいと感じます。

 今回のトリオは堀さんが率いる2管のクインテット「N:LAB」のリズムセクションです。ピアノが良く響くLydianの空間で息の合ったピアノトリオが奏でるエッジの立った演奏をお楽しみ下さい。

演奏予定曲(一部)
・All or nothing at all (A.Altman)
・Some other time (L.Bernstein)
・Someday my prince will come (F.Churchill)
・Traveler(堀秀彰)
・Winter waltz(堀秀彰)
▲top
  2018-1-14(sun)  昼:片倉真由子(p)ソロ
【member】
片倉真由子(p)

【Show Time】
1st Stage:13:30〜14:30
2nd Stage:15:00〜16:00 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 片倉さんと池田篤さん(as)のデュオを予定していましたが、池田さんの体調不良により片倉さんのソロに変更となりました。二人のヴァーチュオーゾが絡み合うスリリングな展開の素晴らしいデュオでしたが、片倉さんのソロはまた全く別の片倉さんの心の歌とピアニズムが感じられます。

 ピアノソロというと、リズムを刻むベースやドラムがないため、バラードや落ち着いた曲を中心にしっとりと聴かせるというイメージが強いかもしれません。しかし、片倉さんはアップテンポの曲でも強力な左手のリードでゴンゴンと、かつ爽快にswingします。一度でも聴いて頂ければピアノソロのに対するイメージが根底から変わるでしょう。、プロピアニストが絶賛するヤマハC5が、ホール的音響のLydianで響く音の美しさも、是非一度聴いて頂きたいです。
▲top
  2018-1-15(mon)  Jam Session(朝倉由里/内田克彦)
【ホスト】
朝倉由里(p),内田克彦(b),ドラム歓迎

【スケジュール】
18:00開店
19:00スタート

【参加料】
\2,200(税込)+オーダー

 歌伴、セッションホストで定評のある朝倉由里さんと、プロピアニストとも共演歴のある内田克彦さんがリードするセッション、ヴォーカル、楽器どちらも大歓迎。ホール的な響きのLydianのステージでお楽しみください。ピアノ、管楽器、歌は特に良く響くので気持ち良いです。特にピアニストは、柔らかい音色でしかもよく鳴るヤマハC5を是非弾いてみてください。ドラマーは少し控えめに叩いて頂けると全体のバランスが良いようです。

ピアノ:ヤマハC5
ベースアンプ:Galien Kruger+AMPEG BA115
ギターアンプ:ローランドJC120
ドラムセット:ヤマハ BopKit
▲top
  2018-1-16(tue)  栗林すみれ(p)/吉本章紘(sax)デュオ
【member】
栗林すみれ(p)/吉本章紘(sax)

【Show Time】
1st Stage:19:00〜20:00
2nd Stage:20:30〜21:30 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 1/16(火)は栗林すみれさんが吉本章紘さんとのデュオで登場します。

 栗林さんのアドリブの音使いはユニークで、聴いたことのないメロディーがたくさん出てくるのでいつまで聴いていても飽きません。ジャズという枠で表現しようというより、自分の中の音をピアノでどれだけきれいな響きにできるかを目指していると感じます。

 タッチの使い分けも素晴らしく、曲の流れの中でもタッチが強い部分と弱音の部分を意識的、効果的に弾き分けています。出演いただいているピアニストから、「柔らかい音から強い音まで、弾きたいニュアンス通りに音が出る」と評価いただいているLydianのヤマハC5なので、どなたでも栗林さんのタッチの違いを聴き分けることができると思います。

 吉本さんは演奏能力も作曲も評価されている数少ないサックスプレーヤーです。サックスという楽器は朗々と鳴るフルトーンの響きも魅力ですが、吉本さんはリードの鳴りを抑えて息で支えるサブトーンと呼ばれる奏法が抜群で気持ち良いです。曲調にもよりますが、サブトーンをうまく使うと、特に栗林さんのようなピアニストとでも相手の音を消さずにうまく生かすことができると思います。

 栗林さんはリーダーとしては、管楽器プレーヤーとの共演は少ないものの吉本さんとのデュオは最近大のお気に入りとのことですが、吉本さんのそういった吹き方が関係しているのかもしれません。

 Lydianの響きの中で、ピアノと管楽器のデュオはベストマッチの組み合わせの一つです。すべての音が明瞭に、しかも適度な残響を持って聴くことができます。是非お聴き逃しなく!
▲top
  2018-1-17(wed)  ハクエイ・キム(p)/三木俊雄(sax)デュオ
【member】
ハクエイ・キム(p),三木俊雄(sax)

【Show Time】
1st Stage:19:00〜20:00
2nd Stage:20:30〜21:30 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

ともに幅広い活動で知られるハクエイ・キムさん(p)、三木俊雄さん(sax)のデュオです。

 ピアノの貴公子ハクエイ・キムさんは2010年に結成した人気のトリオ「Trisonique」での活動がよく知られていますが、最近ではヴォーカルの平賀マリカさん向けのアレンジ提供やツァーでも話題を呼びました。甘さを排した端正な音使いを基本としながらも、ソロ、歌伴奏、管楽器とのデュオなど、それぞれのフォーマット、共演者によってかなり印象は変わります。

 三木俊雄さんは自ら率いるフロントページオーケストラを1996年に結成、カッコイイ管の響きを卓越したアレンジによって提供してきました。小曽根真さんのユニット「No Name Horses」にも参加、海外公演でも高い評価を得ています。ブロウやフラジオレットなどの技法をあまり使わず、あくまでサックスの鳴りとフレージングでswingしようというスタンスが感じられます。

 異色とも言えるこの組み合わせの妙でどんなケミストリーが生まれるのか、今からとても楽しみです。また、オリジナルとスタンダードをうまく組み合わせた演奏予定曲のセンスも素晴らしいと感じます!

演奏予定曲(一部)
・Saudade" (T.Miki)
・Con Alma(D.Gillespie)
・All the things you are(J.Kern)
・Delayed Resolution (H.Kim)
・A lotus on Irish streams (J.McLaughlin)
・Stablemates (B.Golson)
▲top
  2018-1-18(thu)  植松孝夫(ts)トリオ
【member】
植松孝夫(ts),北島佳乃子(p),kakko(vo)

【Show Time】
1st Stage:19:00〜20:00
2nd Stage:20:30〜21:30 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

植松孝夫さんが北島加奈子さん(p)、kakkoさん(vo)とのトリオで初登場です。若い頃は時代の最先端を行く先鋭的なテナーというイメージがありましたが、最近はバート・バカラックやマーヴィン・ゲイの曲を多く演奏するなど新たなイメージを打ち出しています。編成もピアノとヴォーカルという珍しい組み合わせです。以前の植松さんを知る人も初めて聴く人も楽しめるステージになりそうです。
▲top
  2018-1-19(fri)  石井彰(p),杉本智和(b)デュオ
【member】
石井彰(p),杉本智和(b)

【Show Time】
1st Stage:19:00〜20:00
2nd Stage:20:30〜21:30 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 10月にも出演いただいた石井彰さん(p)と杉本智和さん(b)のデュオです。石井さんは大阪音楽大学作曲家在学中にビル・エヴァンスを聴いて衝撃を受け、ジャズピアニストを志したといいます。日野皓正クインテットに参加後は、リーダーとしても一流ミュージシャンと共演を重ね、独自の音世界を切り拓いています。

 石井さんの演奏を一言で言い表すのは難しいですが、敢えて表現すると「尖った音」ということになるでしょうか。アップテンポでもバラードでも、今まで誰も弾いてない美しい音を弾こうという意思のようなものを感じます。かと思うと、共演者や曲調によっては、いわゆるメロディアスなフレーズを弾いたりと、音使いは非常に幅があると感じます。

 今回は共演歴の長い杉本さんとのデュオということで、時に先鋭的に、時に抒情的にLydianのホール的空間に響きそうです。

▲top
  2018-1-20(sat)  堀北やこ(vo)
【member】
堀北やこ(vo)三木成能(p)金子健(b)

【Show Time】
1st Stage:19:00〜20:00
2nd Stage:20:30〜21:30 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 1/20(土)は堀北やこさんが初登場します。昨年9月に初のCD「Shining Hour」をリリースした、人気急上昇中のシンガーです。

 堀北さんの歌は声の出し方が自然で、響きが安定しています。響きを持続させるためには、声帯を通る息の量が安定していて、なおかつ声帯の開きをコントロールできている必要があります。

 発声の最初は響いていてもフレージングの途中から声帯が緩んで響きが持続していない例も少なくないのですが、堀北さんは響きを抜くべきところでは抜きながら、必要な箇所では最後まで声帯が緩まず良い響きが持続していると感じます。特に中低音の響きは魅力的です。

 天井高が高くヴォーカルもよく響くLydianの空間で堀北さんの歌を楽しみに来て下さい。今回のステージは選曲の趣味も良いCD収録曲が中心になります。 

演奏予定曲(一部)
・t Could Happen To You
・Satin Doll
・My Shining Hour
・Too Close For Comfort
・Second Love
・Nice Work If You Can Get It
▲top
  2018-1-21(sun)  昼:大山日出男(as)トリオ
【member】
大山日出男(as),片倉真由子(p),伊藤勇司(b)

【Show Time】
1st Stage:13:30〜14:30
2nd Stage:15:00〜16:00 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 アルトサックスのトップランナーの1人、大山日出男さんが2回めの登場です。今回は、片倉真由子さん(p)、伊東勇司さん(b)とのトリオです。

 楽器の音色で演奏の魅力が大きく変わるのは当然ですが、管楽器、特にサックスは個人差が非常に大きく、リスナーの耳にはまるかどうかで演奏全体の評価も左右されます。

 音色は好みが別れる所ではありますが、大山さんのアルトの音色は艷やかで多くのリスナーが聴き惚れると思います。コントロールされたリードの震えが想像できるような鳴り方です。

 高いテクニックも持つ大山さんですが、指使いの速いフレーズでも歌心を失わず常にメロディとしてのアドリブを感じさせます。もちろん、アップテンポの曲ではアドリブラインもスリリングになり気持ちよくスイングします。

 バックは大山さんが高く評価する片倉真由子さんと伊藤勇司さん。二人が弾くコードとベースランニングに大山さんのアドリブがどう乗っているのかが聴きどころの一つです。一音一音がはっきり聴こえるLydianの空間でそこに注目しながら楽しんで下さい!

演奏予定曲の一部
・There will never be another you
・Peri’s scope (Bill Evans)
・Stablemates (Benny Golson)
・I can't get started
・Simple Samba (Jim Hall)

▲top
  2018-1-23(tue)  Vocalセッション 外谷東(p)ほか
【ホスト】
外谷東(p),菅原正宣(b),柳沼佑育(ds)

【スケジュール】
18:00開店
19:00スタート

【参加料】
\2,700(税込)+オーダー

 歌伴が抜群の外谷東さん(p)がリーダーホストのVocalセッションです。声もピアノもよく響くLydianの空間でお楽しみ下さい。自分の歌がうまくなったような気になれるかもです。

▲top
  2018-1-24(wed)  Hiro川島(Tp&Vo)トリオ
【member】
Hiro川島(Tp&Vo),遠藤征志(p),中津裕子(b)

【Show Time】
1st Stage:19:00〜20:00
2nd Stage:20:30〜21:30 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 トランぺッターであり素敵なヴォーカルも聴かせるヒロ川島さんがLydian初登場です。人気ユニット「ラブノーツ」のリーダーとしても知られる川島さんは、生前のチェット・ベイカーに師事し、楽器ももらい受けるという筋金入りの楽器奏者であり、同時に幅の広い音楽活動を続けてきました。作曲はもちろん、TV音楽番組のプロデュースも手掛け、高い評価を受けています。

 トランぺッターとしては、あくまでコード感を大切にしたインサイドのイディオムでメロディアスなアドリブを展開します。どこにも力の入っていない軽やかさを感じさせるトランペットサウンドは気持ち良いの一言です。そしてヴォーカルは、チェット・ベイカーと同じく余技の域をはるかに超えて聴かせます。

 ピアノは源氏物語をテーマにした作曲、演奏などユニークな音楽活動や、ソロピアノの追求で知られる遠藤征志さん、ベースはラブノーツのメンバーでもある中津裕子さんです。すえての音を聴き分けられるLydianの空間でお楽しみ下さい。

演奏予定曲(一部)
・Moon And Sand / Alec Wilder & Will Engvick
・A Ghost Of Chance / Victor Young
・Look To The Sky / Jobim
・How Deep Is The Ocean / Irving Berlin
・Dancing On The Ceiling / Rodgers & Hart

▲top
  2018-1-25(thu)  しげのゆうこ(vo)
【member】
しげのゆうこ(vo),井上祐一(p),小林航太朗(b)

【Show Time】
1st Stage:19:00〜20:00
2nd Stage:20:30〜21:30 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 1/25(木)は、しげのゆうこさん(vo)が初登場です。しげのさんは数多くのヴォーカルアワード受賞歴があり、ドン・フリードマン(p)などアメリカのトップミュージシャンとも共演歴がある、人気と実力を兼ね備えたヴォーカリストです。

 しげのさんの声質は黒人ヴォーカリストだけが持つ独特の声の魅力に通じるものがあります。喉を大きく開くことで声に迫力が出て、声帯コントロールも拔群なのでエッジも十分に効いています。低い声域までしっかりと響くのでとても気持ちが良いんです。

 しかもスキャットが拔群です。跳躍の多いスペインのメロディを超正確に歌い、スキャットを完璧にこなすというだけでその凄さがお分かりでしょう(しかもピアノ弾き語りで!)。テンポの速い曲でもバップチューンでも、楽器同様の正確さでしかも魅力的なメロディラインを作ります。

 今回は、年末にNYで録音してきた新CD「New Romantic Paradise」を3月にリリースすることもあり、力の入ったライブになると思います。あの素晴らしい声がLydianのホール的音響空間でどう響くのか、とても楽しみです。

演奏予定曲の一部
●Stardust
●My funny Valentine
●How High The Moon
●Shiny Stockings
▲top
  2018-1-26(fri)  萩原隆カルテット
【member】
萩原隆(sax),野口茜(p),澤田将弘(b),岡本健太(ds)

【Show Time】
1st Stage:19:00〜19:30
2nd Stage:20:30〜21:30 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:4,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 1/26(金)は、「めちゃモテサックス」シリーズの楽譜出版、youtube視聴で有名な萩原隆さん(sax)がカルテットで2回目の登場です。前回はLydianを初めてSold Outにしてしまった大人気のプレーヤーです。

 演奏曲はよく知られたスタンダードが中心で、まずテーマを艶やかな音色で歌い上げるだけで誰もが聴き惚れます。サックスが良く鳴っていて、アドリブも歌心があります。こう来て欲しいというところで来てくれる鉄板的魅力です。

 萩原さんは元々アルトサックスを中心に吹いていましたが、ライブではソプラノサックス、テナーサックスを吹き分けます。それぞれのサックスで音の大きさや音色の違いを聴き分けるのも楽しみの一つです。 ホール的響きのLydianでサックスの魅力を満喫して下さい。

youtubeでの視聴:https://www.youtube.com/watch?v=WoNwnLJYc8g

演奏予定曲の一部
・Mercy Mercy Mercy
・オルフェのサンバ
・on green dolphin street
・stand by me
・Left alone

▲top
  2018-1-27(sat)  谷口英治トリオ「三人でベイシー!」
【member】
谷口英治(cl),有田純弘(gt),小林真人(b)

【Show Time】
1st Stage:19:00〜20:00
2nd Stage:20:30〜21:30 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。
▲top
  2018-1-28(sun)  昼:纐纈歩美(as)トリオ
【member】
纐纈歩美(as),富永真紀p),小林航太郎(b)

【Show Time】
1st Stage:13:30〜14:30(開店13:00)
2nd Stage:15:00〜16:00 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

1/28(日・昼)は纐纈歩美さん(as)がトリオで登場します。纐纈さんはLydianには3回目の出演ですが、毎回説得力十分の演奏には唸らされます。

 最も優れていると感じるのはアドリブソロの構成力です。休符の使い方がとてもよく考えられていて、音数の数もフレーズの長さもコントロールしているので全く飽きることがありません。文章に例えるなら、単語の羅列ではなく、常に文章が的確に完結していて句読点が打たれているという印象です。

 アルトサックスの音色はクールで、アンブシュア(マウスピースを咥えるコントロール)が崩れることがありません。ブロウしたりせずボリュームが大きすぎたりすることもないので、Lydianの音響空間にもベストマッチしています。そして、演奏に集中している姿もカッコイイです。まだ聴いたことのない方も是非一度聴きにいらしてください。
▲top
  2018-1-29(mon)  魚返明未(p)ソロ
【member】
魚返明未(p)

【Show Time】
1st Stage:19:00〜20:00
2nd Stage:20:30〜21:30 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。
▲top
  2018-1-30(tue)  岡崎好朗(tp)トリオ
【member】
岡崎好朗(tp),田中菜緒子(p),伊藤勇司(b)

【Show Time】
1st Stage:19:00〜20:00
2nd Stage:20:30〜21:30 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,000円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。
▲top
  2018-1-31(wed)  神谷えり(vo)
【member】
神谷えり(vo),arvin homa aya(vo),吉岡秀晃(p)

【Show Time】
1st Stage:19:00〜20:00
2nd Stage:20:30〜21:30 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:4,000円(税込)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。
※撮影、録音、録画は禁止です。


 1/31は神谷えりさんのユニットが初登場します。神谷さんはジャズ以外にも幅広い音楽ジャンルとクロスオーバーする演奏活動を続けてきて、幅広い表現力を持っています。特に、木根尚登さんとの共演、コラボレーションでは大きな注目を集めました。

 神谷さんの歌は、ジャズ的なメロディー崩しではなく、曲の魅力をストレートに伝えてきます。声の抑揚や強弱、息の使い方など、高い歌唱技術を持っていて、特にビブラートの美しさは特筆ものです。

 今回は、サンフランシスコ出身のarvin homa ayaさんが加わるツィンヴォーカルです。ayaさんは、作詞・訳詞者として実績を残しながら、クラブミュージックシーンでシンガーとしても頭角を表しオリジナルCDを6枚リリースしました。メジャー第一弾となったアルバム「VOICE」では、itunesダンス・シングル・チャート1位・2位のダブル・フィニッシュを果たすなど大変人気があります。透明感があって包み込んで来るような声質には癒やされます。

 この二人を、歌伴の名手、吉岡秀晃(p)さんがサポートします。華やかで魅力的なステージになること請け合いです。
▲top
CGI-design